TOP 店舗を探す おすすめ情報 飯田橋って? 散歩路を歩く リンク

  • 飯田橋商店街振興組合について
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
お知らせ

緊急情報

09.04.30
新型インフルエンザがとうとう発生してしまいました。大変危機迫った状態です。鳥インフルエンザではなく、豚インフルエンザの発生の報道がありました、緊急な対策が必要です。

人類には新型インフルエンザに対する免疫がないので、国は、何も対策を講じなければ、強力な毒性のある鳥インフルエンザの場合17万から64万人の死者が出ると言っています。恐ろしい事態です。
しかし、感染予防を啓蒙していくことで、被害はさほど大きなものにはならずにすむのではないでしょうか。

新型と言いましてもインフルエンザのウイルスです。対策は通常のインフルエンザと全く同じです。感染経路は飛沫感染または接触感染と言われています。すなわち口からが一番多く、鼻の粘液、目の粘液の3箇所で感染するのです。

したがって「手洗い」「マスク」「不要不急の外出自粛」が大きな対策となります。ワクチンの接種で免疫を高められますが、発生から製造まで半年から一年半はかかるそうです。

パンデミック期(爆発的大流行期)になると重症患者をのぞいて、タミフルを処方して自宅で寝て、治るまで動かないでくださいということになります。
インフルエンザウイルスは飛沫して接触するので、風通しを良くしておけば、案外うつりにくいものです。感染者から大体2メートルはなれて、マスクと眼鏡をかければウイルスの接触を防げます。

ちなみに豚肉を食べることで豚インフルエンザになることはありません。感染者のウイルスを飛沫感染または接触感染で感染するからです。

鳥インフルエンザは毒性は大変強力ですが、人から人へ感染しにくい特性があります、豚インフルエンザは人から人への感染がおこりやすいそうですが、今のところ弱毒性だそうです。今回の豚インフルエンザはタミフルが有効なようなので、ひとまず安心です。

そして何より予防に大切なのは「十分な栄養と休養」で抵抗力をつけることです。自分で自分を守ることだと思います。


?i国交省資料.pd?外務省情報.pdf?厚労省資料.pdf
お知らせ一覧へ