TOP 店舗を探す おすすめ情報 飯田橋って? 散歩路を歩く リンク
散歩路を歩く
  • 街めぐり&歴史探索
  • 歴史の標柱
  • 歴史地図板
  • いいだべえ
  • アイガーデンエア
  • 散策スポット
いいだべえ
JR飯田橋駅の線路の壁は、町の人々にとって目障りなものでした。何とかしたいと思い、壁に絵を描きました。平成2年4月-「いいだべえ」の誕生です
「飯田橋散歩路」線路の壁
家康入城 1590年(天正18年)

飯田橋散歩路をはさんで、両側の壁に大きなくじらから小さなくじらまで、そして色とりどりに、一杯に描いてあります。 なんで、都心の飯田橋にくじらなんですかねぇ…。武蔵野美術大学の学生さん達が考えてくれました。でも、そういう発想が私達は大好きなのです。

江戸の終わり 1863年 (文久3年)

鉄道線路の壁の名前も、全国的な公募で選びました。「あかんべぇ」と「いいだばし」の語呂合わせなんて、益々気に入っています。 ペンキで書かれた「いいだべえ」という文字の書体もなにかひねくれた字で、私共街の人間は抵抗したのですが、「くじらの絵にはこの書体がふさわしい」と言って、学生さん達が決めてくれました。

明治のはじめ 1872年(明治5年)

このくじらの絵が描き終わった時、東京農業大学の学生さん達が、このくじらの前で「大根おどり」を踊ってくれました。その時は、くじらも踊り上がっているようでした。